松山兎月庵について

ご挨拶

 

松山の様々な本来、本物、本質を現存の実物で知る体験型ミュージアムとして運営させていただくことになりました。 (2018年10月25日運用開始)

現在進めております数年後の城下町文化都市へのステップとして集客イベント型美術館ではなく、本来果たすべき教養、研究の場となれば幸いに存じます。

民間運営なので鳴り物入りの美術品やパフォーマンス等はありませんが「郷土文化を繋ぐ」という見方でご容赦、ご理解くださいませ。

 

松山兎月庵 庵主 小椋浩介